格安SIM 周波数帯 バンド

スマホが周波数帯(バンド)に対応していないと使用不可能

SIMフリースマホやキャリアスマホを格安SIMで使う時に事前に必ずチェックしておきたいのが、使用する格安SIMの周波数帯(バンド)に対応しているかどうかです。

 

各キャリアが使用可能な周波数帯は総務省によって割り当てられています。スマホ自体がキャリアが使用する周波数帯に対応していないと、通信が一切できなかったり、LTEは使えても音声通話が使えないといった障害が出てしまいます。

 

SIMフリースマホのメジャーな機種であれば、格安SIM会社のサイト上で動作確認端末一覧として公表されています。心配な人はまずは契約予定の格安SIMサービスのサイトで確認をおすすめします。

 

キャリアスマホを他社回線の格安SIMで利用をお考えの方は、下のキャリア別使用周波数帯で確認しましょう。

 

キャリアスマホを別のキャリア回線の格安SIMで使うにはSIMロックが解除されていないと使えません。SIMロックと解除条件についてはこちらで詳しく解説しています。

キャリア別使用周波数帯

バンド 周波数帯 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル
1 2.1GHz

W-CDMA
LTE

LTE

W-CDMA
LTE

-
3 1.8GHz LTE - - LTE
6 800MHz W-CDMA - - -
8 900MHz - -

W-CDMA
LTE

-
9 1.7GHz - - - W-CDMA
11 1.5GHz - LTE W-CDMA -
18 800MHz - LTE W-CDMA -
19 800MHz

W-CDMA
LTE

- - -
21 1.5GHz LTE - - -
26 800MHz - LTE - -
28 700MHz LTE LTE - -
41 800MHz - - - -

周波数帯は数字が大きくなるほど直進性が増し、速度が出やすくなります。ただし、直進性が増すと建物内部へまわりこみにくくなるので、電波の繋がりは数字が小さいものより悪くなります。
ちなみに1GHzは1000MHzです。

 

LTEのほかにW-CDMAがありますが、これは昔からある3G回線でメインは音声通話での使用になります。

 

キャリアスマホの周波数を調べるには「機種名 バンド」や「機種名 周波数」で検索するとヒットします。もしくはキャリア公式サイトで検索すれば見つかります。

 

周波数帯の話は難しくてよく分からないけど、使えないのは困るという方は格安SIMとスマホがセットになった格安スマホを購入するか、ドコモスマホならドコモのMVNOサービスというようにキャリアスマホと同じ回線使用の格安SIMを選べば間違いなく使えるのでおすすめです。