格安SIM 通話 おすすめ

通話もしっかり使いたい人におすすめの格安SIM

今までは使わなくなったスマホ活用でデータ専用SIMを契約する人が多かったんですが、最近格安SIMへのMNPが増えてきています。いくらLINEで連絡することが増えても、メイン機として使うなら通話もできないと困りますよね。

 

ここでは格安SIMで通話もしっかり使いたい人向けに知っておきたい事前知識とおすすめサービスをご紹介しています。

知っておきたい格安SIMで通話する場合の基礎知識

格安SIMで通話をする方法でも書きましたが、ネット回線を利用した050番号のIP電話の通話と電話回線を利用した音声通話と2種類あります。それぞれメリット、デメリットがありますが、しっかり電話を使いたいなら電話回線を利用した方が途中で途切れなくて品質もクリアで聞き取りやすいのでおすすめです。

 

電話回線利用の通話をする場合にはSIMを音声通話対応のものを選ぶ必要があります。音声通話SIMはデータ専用SIMと比べて月約700円ほど料金が高くなります。

 

音声通話をした場合の料金は割引オプションに加入しなければ、どのサービスでも30秒あたり20円です。

通話料金を安くする方法は3つ

1.アプリ使用で通話料金が半額の30秒10円に

1つ目はアプリをダウンロードすることで通話料金を半額の30秒10円にする方法です。アプリは無料でダウンロードできて申し込みは不要です。月に通話をする頻度がバラバラな人におすすめです。

該当サービス

  • BIGLOBE:BIGLOBEでんわ
  • IIJmio:みおふぉんダイアル

2.オプション料金の代わりに無料通話がついてくる

2つ目は月に定額のオプション料金がかかる代わりに30分や60分の無料通話がもらえるタイプです。携帯でお馴染みの無料通話○○分ですね。注意点としては発信はアプリ経由でないと無料通話にカウントされない点です。通話回数は多いけど、1回の通話時間が短い人におすすめです。

該当サービス

  • BIGLOBE:通話パック60
  • mineo:通話定額30,通話定額60

3.通話ヘビーユーザー向けのかけ放題

3つ目は時間や回数の制限はあります(NifMoだけ無制限)が、いわゆるかけ放題というわれるものです。簡単な連絡や用事は電話で済ますことが多い人におすすめです。

該当サービス

  • NifMo:NifMoでんわ
  • 楽天モバイル:楽天でんわ5分かけ放題
  • U-mobile:U-mobileSUPER

通話料金割引オプションサービス比較表

オプション 利用回線 通話タイプ 月額 内容
BIGLOBEでんわ ドコモ 音声 無料 30秒10円
みおふぉんダイアル ドコモ 音声 無料 30秒10円
BIGLOBE通話パック60 ドコモ 音声 650円 無料通話60分
通話定額30 au 音声 840円 無料通話30分
通話定額60 au 音声 1,680円 無料通話60分
NifMoでんわ ドコモ IP 1,300円 かけ放題
楽天でんわ5分かけ放題 ドコモ 音声 850円 5分かけ放題無制限
U-mobileSUPER ワイモバイル 音声 2,980円〜 10分以内通話月300回無料

無料通話が付いてくるタイプではBIGLOBEが一番お得でおすすめです。mineoの通話定額はBIGLOBEと比べると料金も高く見劣りしてしまいます。

 

NifMoのNifMoでんわが月1,300円で回数制限なくかけ放題で一番良いと思われるかもしれませんが、通話タイプがネット回線を利用したIP電話なので、音質が悪い、途切れやすいと言ったデメリットがあります。かけ放題=電話をガンガン使いたい人だ思うので、正直満足できるか心配です。また、ネット回線を利用するので、3分あたり1.5MBほどデータ通信量を消費します。

 

対して楽天でんわ5分かけ放題やU-mobileSUPERは時間制限や回数制限がつく範囲内でかけ放題になっています。

 

楽天でんわはドコモの通話回線を利用しているので音質もピカイチです。しかも、オプション料金も850円と安いです。

 

U-mobileSUPERはドコモではなくワイモバイルの回線を利用していて、ワイモバイルでお馴染みの月300回まで10分以内の通話無料タイプになります。U-mobileSUPERはオプションではなく、データ定額と通話無料が一体となったプランです。容量が1GBだと2,980円、3GB3,980円、7GB5,980円と上がっていきます。

まとめるとドコがおすすめなの?

ライトユーザーで最低限お得に通話をするならBIGLOBE、通話回数を気にせずにガンガン使いたい人には楽天モバイルがおすすめです。