格安SIM 通話

音声通話かアプリで済ませるか

格安SIMで通話をする方法は2つあります。1つは料金プランを音声通話対応プランで申し込む方法です。もう1つはアプリをインストールして050番号を発番して、通話する方法です。それぞれメリット・デメリットをまとめました。

 

音声通話対応プランのメリット・デメリット

メリット

まずメリットはドコモの回線をそのまま利用するので、音質が非常にクリアであることです。現在ドコモの携帯電話を利用している方はそのままのイメージで大丈夫です。

 

次にMNPを利用して現在利用しているキャリアから番号そのままで乗り換えられるので、ガラケーと格安SIMスマホの2台持ちからは解放されます。持ち歩くものを増やしたくない、キャリアと契約するより料金を安くしたい人におすすめです。

デメリット

音声通話つきプランに加入することで、最低契約期間が1年になります。途中で解約すると違約金で8,000円〜9,800円がかかります。契約期間の縛りが無いのが格安SIMの魅力の1つですが、それが無くなってしまいます。また、データ専用プラント比べて数百円料金が上がってしまいます。

アプリのメリット・デメリット

メリット

インストールするアプリによりますが、料金そのままで通話が使えます。また、契約期間の縛りは特にありません。

デメリット

まずIP電話になるので、音質はドコモの回線と比べて劣ります。また、通話無料になるのは同じアプリ同士である必要があるので、電話をかける相手も同じアプリをインストールしていないと、所定の通話料が発生します。知り合い同士でアプリを共通の物にする必要があります。