格安SIM iPhone

iPhoneで格安SIMを使う前に知っておきたいこと

iPhoneで格安SIMを利用予定の方は多いと思います。ここではiPhoneを格安SIMで使う前に知っておいてほしいことをまとめました。

使用予定のiPhoneのモデルは要チェック

格安SIMを選ぶ前にまずは使用予定のiPhoneのモデルやキャリアを確認しましょう。モデルによっては格安SIMが使えなかったり、使えても一部機能制限があるからです。特に家族や知り合いから機種変更で使わなくなったiPhoneをもらう際は要チェックです。

iPhoneキャリアモデル別格安SIM対応表

モデル SIMフリー ドコモ au ソフトバンク
5 × × ×
5c × ×
5s × ×
6 × ×
6Plus ×
6s
6sPlus
SE

ソフトバンクのiPhoneを利用する際は要注意です。原則6s以降で契約後半年経っていないとSIMロック解除を受け付けてくれないので、それまでは格安SIMを使うことはできません。

 

次にauのiPhoneですが、auも6s以降は契約後半年経っていてSIMロックが解除してあることが条件になります。SIMロックが解除できていればauのiPhoneでもドコモ系格安SIMは使えます。

iPhoneをmineoやUQモバイルで使うのは要注意

auネットワークを使用しているmineoやUQモバイルでは一部機能制限があります。テザリングやSMSを使うことができません。

 

また、iPhone5s以前の機種でiOSのバージョンを8以降に上げてしまうとデータ通信ができなくなってしまいます。

 

さらにUQモバイルはSIMタイプをnanoタイプにするとデータ通信ができなくて、iPhoneが通話専用機となってしまいます。SIMタイプはauVoLTEにする必要があります。

 

よほど周波数帯や仕様に詳しくない限りはau系格安SIMをわざわざ選ぶのはやめた方がいいです。※そもそもドコモ系格安SIMより圧倒的に勝っている点がないのもあります。

iPhoneを新規で購入するならどこを選ぶべき?

上でまとめた通り、選ぶならSIMフリーかドコモがおすすめです。

 

SIMフリーを選べば間違いありませんが、ドコモと比べて機種代金が高くなるのがデメリットです。基本的にドコモの方が巷の量販店の安売り時(MNP一括0円など)に転売目的で購入している人が売りに出しているので、市場に流通している数も多いので安くなります。

 

中古で探せばSIMフリーでも安いものが見つかりますが、香港版などの海外輸入したものだったりと万が一の時が心配です。オークションや白ロム屋さんでのチェックをおすすめします。

どこの格安SIMサービスがiPhoneにおすすめ?

au系格安SIMは上で書いた通り、OSをアップデートすると使えなくなってしまう可能性やデータ通信が対応していないケースがあるのでおすすめしていません。

 

ドコモ系格安SIMから選ぶことになるんですが、iPhoneだからと言って特別なにかあるわけではないので、当サイトではドコモ系格安SIMでは楽天モバイルをおすすめしています。