格安SIM 通信制限

高速通信時の制限と通信量使用後の再制限について

無制限プラン以外はすべて月に使えるデータ通信量が決まっています。上限まで使うと速度が大体200kbpsまで低下して、クーポン等を購入するか月が変わるのを待てば、元の速度に戻せます。

 

ここまでは知っているよっていう人が多いと思いますが、上限まで使っていなくても短期間で使い過ぎると制限が入ることや上限まで使った後にさらに制限が入ることもあることをご存知でしょうか?

 

このページでは高速通信時の制限と上限まで使った後の制限についてまとめました。

高速通信時の制限について

ほとんどの会社で容量を使いきるまで制限はありませんが、短期間で使い過ぎると制限を実施すると明言している会社と制限することもあると濁している会社が存在します。

高速通信時の制限一覧表

会社 高速通信時の制限
DMM mobile なし
OCNモバイルONE 混雑時に制限することも
BIGLOBE 3GBプランで直近3日間で360MB以上使用すると制限することも
NifMo プランごとに直近3日間で規定量を超えると制限3GB:500MB 5GB:800MB 10GB:1.2GB
楽天モバイル 混雑時に制限することも
IIJmio なし
U-mobile なし
ぷららモバイルLTE なし
UQモバイル 直近3日間で1GBを超えると翌13時から翌翌13時まで制限することも
mineo なし

はっきり制限すると分かるのはNifMoだけです。大容量のアプリのダウンロードや動画を頻繁に見る人は、制限される可能性が高いので要注意です。ちなみに具体的には速度が200kbpsになります。

低速通信時の再制限について

容量を使いきって速度が200kbpsに低下してもなおネットを使っている場合、通信量に応じて制限が入ることがあります。月の前半で思いがけず使い過ぎてしまった時は要注意です。

低速通信時の再制限一覧表

会社 低速通信時の再制限
DMM mobile 直近3日間で366MB以上使用すると制限することも
OCNモバイルONE なし
BIGLOBE なし
NifMo なし
楽天モバイル なし
IIJmio 直近3日間で366MB以上使用すると制限することも
U-mobile なし
ぷららモバイルLTE なし
UQモバイル なし
mineo なし

DMM mobileは低速通信時でもバーストモードという独自の技術で数秒だけ高速通信が使えるので、意外と容量を使いきった後でも快適に使えてしまいます。一瞬だけなので動画は見ることは出来ないので、3日間で366MB以上使うのは困難ではありますが、もし366MBを超えた場合は制限されることがあります。

 

基本的に低速通信で3日間で366MB以上に達するのは現実的でないので、そこまで気にする必要はないと思います。重要度としては当然高速通信時の制限の方が高いです。