格安SIM LINEモバイル

LINEとSNSユーザーに超おすすめのLINEモバイル

LINEモバイルロゴ

今や使っていない人の方が少ない連絡手段になったLINE。そんなLINEが格安SIMに参入しました。

 

LINEモバイルは自社サービスのLINEへの通信量がノーカウントになっていたり、容量が上のプランであればさらに他SNSサービスの通信量もノーカウントになっているのが最大の特徴です。

LINEモバイルの料金プラン

容量 データ専用SIM 通話対応SIM
1GB

500円

1,200円

3GB

1,110円

1,690円

5GB

1,640円

2,220円

7GB

2,300円

2,880円

10GB

2,640円

3,220円

LINEモバイルでは1GBのプランと3GB以上のプランで微妙に内容が異なります。

 

1GBのプランは通信量にカウントしないサービスはLINEのみとなります。また、データ専用SIMでSMSを使う場合は追加で120円が必要です。

 

3GB以上のプランはLINE以外にTwitter、Facebook、Instagramでの通信量もカウントされません。また、データ専用SIMは追加料金なしでSMSが使えます。

 

容量を上限まで使い切った場合は速度が200kbpsに低下します。0.5GBごとに500円の追加で通常速度に戻せます。※容量を使い切って低速になってもカウントフリーに該当するサービスは高速のまま利用できます。

 

使い切れなかったデータ容量は翌月まで繰り越せます。

 

通話対応SIMは1年間の契約期間があります。期間内の解約(MNP転出含む)は一律で9,800円がかかります。

LINEモバイルの最大特徴「カウントフリー」がヤバい

LINEカウントフリー

1GBの「LINEフリープラン」と3GB以上の「コミュニケーションフリープラン」でそれぞれパケット通信量にカウントしないSNSがあります。

 

LINEフリープランは名前の通りLINEのみが通信量をカウントしません。月のネット閲覧が少なくてSNSも利用していない人は1GBのLINEフリープランでも十分事足りると思います。

 

コミュニケーションフリープランはSNSユーザーにとっては嬉しい仕様ですね。とくにインスタは必ず写真をアップするので、画質が良いものであれば通信量を多く使ってしまいます。最低900円から通信量を気にせずにSNSを使えるのはナイスですね。

 

また、スマホやWiFiルーターにLINEモバイルを挿してテザリングをしてパソコンやタブレットに繋いだ場合も各種SNSの通信量もカウントしないのも良い仕様です。

「カウントフリー」の注意点とフリーでない通信は?

スマホでTwitterをする人は公式アプリ以外にTwitPaneやtweechaと言ったTwitterアプリを利用している人も多いと思います。

 

しかし、公式アプリ以外のTwitterアプリを利用するとカウントフリーではなく、しっかり通信量が加算されてしまいます。

 

ほかにLINEやSNSでの通信量をカウントしてしまう通信に外部リンク先への接続があります。

 

たとえば、タイムラインにYahoo!ニュースの記事が載っていたとします。そのニュースが気になるのでタップすると、同じアプリ内で表示されますが、通信量をしっかりカウントしてしまいます。ニュースサイトやキャンペーンなどの情報が気になってアクセスする場合は注意しましょう。

 

あとはLINE LIVEなどのストリーミング動画です。Facebook LIVEやPeriscopeも同様です。生放送はアウトだと考えておきましょう。

通話料金割引のオプションとかけ放題がついにスタート

いつでも電話

待望の通話料金割引オプション(アプリ)「いつでも電話」が6月20日にスタートしました。

 

アプリをインストールしてアプリ経由で発信するだけで30秒20円の通話料金が半額の30秒10円に下がります。

 

また、電話帳と自動で同期することができるので、電話帳移行などの手間もかかりません。

 

アプリ料金は無料で基本使用料もかかりません。

さらに通話もたくさん使う人は10分かけ放題で

月880円をプラスすることで10分以内の国内通話が何回でも無料になります。

 

注意点はアプリのいつでも電話から発信した分だけ適用される点です。

オプション

オプション名 料金 内容
割込通話 月200円 通話中に第三者からの電話を受けられます。
留守番電話 月300円 電源が入っていないときや圏外時に留守番電話が使えます。
i-フィルター 無料 他社では月200円かかるお子様用のフィルタリングアプリが無料で使えます。

LINEモバイル公式アカウント活用のススメ

LINEモバイル公式アカウントとLINEで友だちになれば以下のことができます。

  • 新着情報確認
  • カスタマーサポート
  • データ容量プレゼント
  • 月のデータ使用量確認
  • 月額基本料の1%分のLINEポイントがもらえる

キャンペーン情報の確認や直接カスタマーセンターに問い合わせができます。

 

使い切れなかったデータ容量を友だちになっているLINEモバイルユーザーにプレゼントすることもできます。

 

毎月月額基本料の1%がLINEアプリ内のコンテンツ購入に使えるLINEポイントとして自動でもらえます。

LINEモバイルならLINEのID検索が可能

他社格安SIMでもSMS付きプランであればSMS認証してLINEを使うことができます。

 

しかし、ID検索はキャリアの年齢認証が必要なため、他社格安SIMでは使うことができません。相手を検索することもできません(パソコンにインストールしたLINEからは可能)し、相手が自分を検索してもヒットしません。

 

ID検索以外に「ふるふる」がありますが、ふるふるは相手が近くにいないと使えません。他に自分のURLを取得してメールで送る方法もありますが、一々手間がかかります。

 

そんな中、唯一LINEモバイルは格安SIMでID検索が可能です。LINEモバイルの契約者は18歳以上であること条件になっているので、契約者であれば年齢認証が済んでいるためです。

クレジットカードが無くてもLINEモバイルの契約はできる

LINE Pay カード

格安SIMの契約=クレジットカード必須の状況になっていますが、LINEモバイルならクレジットカード以外にLINE Pay カードでの支払いができます。

 

LINE Pay カードとは簡単に言うとJCBのマークが付いたプリペイドカードです。

 

入手方法はLINEアプリ内のLINE Payからの申し込み(申し込みから到着まで1週間から2週間程度)とファミマやローソンでも取り扱っているので、レジへ持って行って1,000円から上限10,000円までの金額を店員さんに伝えてチャージすればOKです。※コンビニには他にLINEプリペイドカードがありますが、こちらではLINEモバイルの申し込みには使えませんので注意してください。

 

年会費やチャージする際の手数料は一切かかりません。

 

プリペイドカードなので使用したらチャージする必要がありますが、あらかじめ設定した金額を下回ったら指定した銀行口座から自動的にチャージする設定もできるので便利です。もちろんコンビニでもチャージ可能です。

 

LINE Pay カードは原則JCBが使えるところなら普段のお買い物にも使えますし、決済した金額の100円ごとに2ポイント(還元率2%)たまるので、LINEモバイルの月額基本料1%還元と組み合わせるとさらにお得になります。

LINEモバイルの入会キャンペーン

8/31までに3GB以上のプランでLINEモバイルを利用開始した人を対象に3ヶ月間データ容量が3GB増量のキャンペーン中です。

 

増量中に自分がどれだけ使うのかを把握してベストなプランに見定めましょう。

 

⇒LINEモバイルの公式サイトはこちら