格安SIM 複数 シェア 比較

容量をシェア可能な格安SIMをピックアップ

格安SIMはスマホはもちろんタブレットやWiFiルーターでも利用可能です。ただ、格安SIMが使えるデバイスを複数台お持ちでも1枚のSIMカードを都度差し替えるのは面倒ですし、台数分格安SIMを契約しても通信量が余ってしまったりとうまく使い切れない可能性が高いです。

 

そこでおすすめなのが容量を分け合うことが可能なシェアプランがある格安SIMサービスです。

 

シェアプランがある会社は少ないです。また、容量をシェア可能な料金プランが限定されていたり、追加発行するSIMカードの料金も様々です。ここではシェアプランのある会社と特徴をまとめました。

1.DMM mobile

追加SIMタイプ 月額料金

データ専用

無料

SMS対応

150円

通話対応

700円

DMM mobileでは8GB以上のプランからSIMカードを追加できる「シェアコース」があります。通話対応SIMも追加可能で最大で3枚持てます。

 

すべてデータ専用SIMなら追加料金はかかりませんが、通話対応SIMは1枚につき月700円かかります。

 

新規でシェアコースに申し込む場合はSIMカードが3枚でも契約事務手数料は3,000円です。すでにDMM mobileを利用中で新たにシェアコースを利用する場合はSIMカード1枚につき3,000円の契約事務手数料がかかります。

 

DMM mobileのシェアコースの注意点はMNPで加入する場合です。MNPできるのは1枚のみです。家族まとめてMNPで転入予定の人にはおすすめできません。

2.OCNモバイルONE

追加SIMタイプ 月額料金

データ専用

450円

SMS対応

570円

通話対応

1,150円

 

OCNモバイルONEは全プランでSIMカードの追加可能な「容量シェアSIM」があります。

 

容量シェアSIMと本回線合わせて最大で5枚まで持てます。データ専用SIM1枚につき月450円、通話対応SIMなら月1,150円が加算されます。また、SIMカードの追加発行手数料としてデータ専用SIMは1,800円、通話対応SIMは3,000円かかります。

 

追加したSIMにもMNP可能ですが、名義が一致している必要があります。たとえば、父親がすでにOCNモバイルONEを利用していて、母親名義のドコモからOCNモバイルONEの容量シェアSIMにMNPする場合は、まずはドコモの名義を母親から父親に変更する必要があります。

 

正直SIMカード追加に最低でも月450円かかるのは高いです…通話対応SIMなら尚更です。

3.BIGLOBE

追加SIMタイプ 月額料金

データ専用

200円

SMS対応

320円

通話対応

900円

BIGLOBEでは6GBか12GBのプランを契約中の方なら「シェアSIM」を使うことでデータ容量を共有できます。

 

通話対応SIMも追加できて最大で5枚持てます。追加SIMカード1枚につき3,000円の発行手数料がかかります。また、追加SIMへのMNPも可能です。

 

BIGLOBEのシェアSIMの注意点は主回線がデータ専用SIMでは追加するSIMカードに通話対応SIMを選ぶ事ができない点です。通話対応SIMを追加するには主回線も通話対応SIMでないといけません。

4.IIJmio

追加SIMタイプ 月額料金

データ専用

400円

SMS対応

540円

通話対応

1,100円

IIJmioはプランによって追加可能なSIMカードの枚数が変わります。3GBと6GBは1枚のみですが、10GBプランなら最大9枚(通話対応SIMは最大5枚)まで追加できます。SIMカードを1枚追加ごとに発行手数料として2,000円必要です。

 

10GBプラン限定で追加SIM2枚目まではデータ専用SIMの400円が無料になっています。

 

最大5枚までMNP転入可能なので、家族でまとめることも可能です。

5.NifMo

NifMoでは最大7回線まで容量をシェアすることができます。

 

他の会社が追加料金を払って共有可能なSIMカードを追加発行する形式の中、NifMoは純粋に2枚目を契約してSIMカード間で共有するかたちになります。

 

他社にない特典として、1台につき追加ボーナスとして0.5GBがもらえます。たとえば、2枚契約しているなら0.5GB×2=1GBが無料で余分に使うことができます。

一番おすすめなのはDMM mobile、次にOCNモバイルONE

対応しているSIMタイプの豊富さやコスパの面からもDMM mobileが一番使い勝手が良いです。容量が8GBからになるので、そこまで使わない人はOCNモバイルONEなら全プラン対象になっているので、容量が少ないプランを選んで使うのをおすすめします。