格安SIM SIMロック 解除 条件

事前に知っておきたいSIMロックと解除条件

機種変更をして手元に残った端末の有効活用にと格安SIMをお考えの方も多いハズ。

 

ここではキャリアとの契約で手にしたスマホを格安SIMで使う場合の注意点や知っておくべきポイントをまとめました。

何よりも先に確認、そのスマホはSIMロックされてませんか?

SIMロックとはドコモから発売された機種ならドコモ回線のみと言うように、キャリアと回線が一致していないと通信ができない制限のことです。

 

2015年5月以降に発売された機種はSIMフリーが義務化されましたが、SIMロックが解除できるだけで、購入時点ではロックがかかったままです。そのままでは契約したキャリアのネットワークしか使えません。

 

たとえば、ドコモで契約したスマホは楽天モバイルやBIGLOBEでは使えますが、au回線利用のUQモバイルやmineoではロックがかかって使用することはできません。

 

他社キャリア回線利用の格安SIMを使うにはSIMロックを解除する必要があります。

SIMロック解除の方法

キャリアによって手続き方法が異なり、手続き方法によっては手数料が発生します。
また、ドコモだけ2015年5月以前の端末でもSIMロック解除対象機種が存在します。

ドコモのSIMロック解除方法
  1. ドコモオンライン手続き(2015年5月以降発売機種のみ)
  2. 電話(2015年5月以降発売機種のみ)
  3. ショップ

パソコンやスマホ上でdアカウントがあれば、オンラインで24時間手続き可能です。手数料は無料です。

 

電話はドコモの携帯電話から「151」にかければ通話料無料で手続き可能です。ドコモ以外の携帯電話や一般電話からは「0120-800-000」です。受付時間は午前9時から午後8時までです。手数料は3,000円です。

 

ショップはドコモショップであれば受付可能です。こちらも手数料として3,000円かかります。

 

2015年5月以降の機種であれば上記3つのどれでも手続き可能です。2011年4月から2015年4月までに発売された機種はすべてショップでしか対応できません。

 

⇒2011年4月から2015年4月までに発売されたドコモのSIMロック解除対象機種の一覧はこちら

ドコモを解約してしまった後はドコモショップでしかSIMロック解除できないので注意。

ドコモのSIMロック解除条件
  • ネットワーク利用制限、おまかせロックがかかっていない
  • 料金支払い実績がある
  • 契約者本人の購入履歴がある端末
  • 端末購入日から6ヶ月以上経過している
  • 水濡れや大きな破損がない
  • 解約済みの場合は解約後3ヶ月を超えていない

ネットワーク利用制限とは料金未納の時に使えない状態のことです。おまかせロックは紛失や盗難時にドコモに連絡して通信やおサイフケータイ機能を止めてもらう機能です。要は未納や盗難品のおそれがある端末はSIMロック解除できないというわけです。

auのSIMロック解除方法
  1. auお客様サポート
  2. ショップ

パソコンやスマホからauお客様サポートにアクセスして手続き可能です。手数料は無料です。

 

全国のauショップで受け付けています。手数料は3,000円です。

auのSIMロック解除条件
  • auが発表したSIMロック解除対象機種に含まれている
  • 購入日から180日が経過している
  • ネットワーク利用制限中ではない

 

⇒auのSIMロック解除対象機種の一覧はこちら

ソフトバンクのSIMロック解除方法
  1. MySoftBank
  2. ショップ

パソコンやスマホでMySoftBankにアクセスして手続きをします。手数料は無料です。注意点としてMySoftBankから手続きをする場合はソフトバンク以外のSIMカードを用意する必要があります。他社のSIMカードをお持ちでない場合はオンラインでは手続きできません。

 

ソフトバンクショップでの手続きは3,000円の手数料がかかります。

ソフトバンクのSIMロック解除条件
  • ソフトバンクが発表したSIMロック解除対象機種に含まれている
  • 購入日から180日が経過している
  • 解約済みの場合は90日経過していない
  • 解約済み端末は契約者本人のみ解除可能

 

⇒ソフトバンクのSIMロック解除対象機種の一覧はこちら

中古販売店で白ロム端末を購入するときは要注意

SIMフリー端末以外に白ロムと言って一度人が契約した端末を、新品・中古問わず販売しているお店があります。価格もSIMフリーよりも安くてお得なことがありますが、SIMロックがかかっている場合は要注意です。

 

au以外のドコモ・ソフトバンクではSIMロック解除は契約者本人である必要があるため、SIMロック解除をすることはできません。

 

ドコモはSIMロックがかかっていても、当然ドコモネットワークの格安SIMサービスが使えるのでまだ大丈夫です。問題はソフトバンクです。ソフトバンクは現状MVNOサービスは飛騨高山ケーブテレビのHitスマホのみなので、かなり微妙と言えます。

 

白ロム販売店で端末を購入する際はSIMロック解除済みのものを選ぶようにしましょう。

 

また、譲り受けたスマホや機種変更で手元に残ったスマホを別のキャリア回線使用の格安SIMで使う場合は、こちらのキャリアスマホ別の使用周波数帯も参考にしていただけると幸いです。