SIMカード サイズ 種類 変更

SIMカードのサイズと変更方法まとめ

スマホやタブレットは機種によって挿せるSIMカードのサイズが決まっています。サイズが合っていないと使うことはできないので、契約前にしっかり確認する必要があります。

 

また、格安SIM契約後にSIMカードのサイズが合わなかった時は、手数料(3,000円)を払ってSIMカードを変更してもらうことができます。

 

手数料を払う以外にも、自分でやればもっと安くSIMカードのサイズを変えることができます。ここでは自分でできるSIMカードのサイズの変え方についてまとめました。

SIMカードのサイズは3種類

SIMサイズ

SIMカードには大きさによってnano、micro、標準と3種類あります。
大きさはnano<micro<標準の順番です。

 

格安SIM契約と一緒にスマホを購入する場合はサイズを気にする必要はありませんが、すでに持っているスマホに使う場合や新たにスマホを購入する場合はサイズに合ったものを選ぶ必要があります。

サイズが合わない場合はどうする?

SIMカードが大きい場合はカット

SIMパンチ

SIMカードのサイズが大きい場合はSIMカッターやSIMパンチと呼ばれるもので自分で切ります。カットするための機器はAmazonで500円程度で販売しています。

 

SIMカッターの注意点としては、万が一カットに失敗してしまった場合は当然全く使うことができなくなってしまうので、格安SIMの会社に連絡してSIMカードを再発行してもらわないといけません。

SIMカードが小さい場合はアダプタに載せるだけ

SIMアダプタ

SIMカードが小さかった場合はアダプタに載せるだけで解決です。こちらもAmazonで販売していて、200円もしません。

 

契約前にSIMカードのサイズに迷ったら、nanoサイズを選べば万が一の時も安心です。サイズが合わないものがあってもアダプタに載せるだけで使えるので、失敗することがありません。

番外編:SIMタイプを変更する場合は手数料を払って再発行するしかない

格安SIMにはデータ専用SIM、SMS対応データ専用SIM、通話対応SIMの3種類があります。※au系格安SIMはデータ専用SIMにSMS機能つきです。

 

最初に申し込んだSIMタイプのものから他のタイプのものに変更するにはSIMカードを再度発行してもらうしかありません。再発行手数料は一律3,000円です。