格安SIM TONE

TONEの料金やキャンペーン、オプションを徹底解説!

TSUTAYAの運営元であるCCCの格安SIMサービス、TONE。

 

料金プランがどこも似たり寄ったりの中、TONEはかなり変わった料金体系&オプションとなっています。

TONEは端末とSIMカードのセット販売のみです。SIMのみ契約はできません。

TONEの料金プラン

容量 月額

無制限

1,000円

容量は無制限プランのみの1つだけです。

 

SIMタイプはデータ専用と通話対応に分かれておらず、通話は050から始まるIP電話となっています。音声回線を利用した通話をする場合は、別途オプション(月953円)に加入する形になります。

 

データ容量無制限で1,000円は安すぎと思われるかもしれませんが、容量に上限がない代わりに実効速度が500~600kbpsの低速仕様になっています。動画をみるには厳しい速度です。

 

動画をみたりするなど、高速でネットを使いたい人向けに「高速チケットオプション」を1GB300円で販売しています。(月10GBまで購入可能)

 

TONEの契約期間は24ヶ月となっています。期間内の解約もしくは音声通話オプション加入後の6ヶ月以内のMNP転出は一律で9,800円かかります。

セット端末のTONE m15のスペックはどうなの?

tone m15

TONEオリジナルのスマホ端末になります。本体価格は29,800円です。TONE自体は2年契約ですが、本体代金の分割払いはできません

 

CPUにMT6735を搭載してメモリが2GBです。スペック的にはミドルスペックです。スペック面だけみるとm15よりコスパの良いスマホは他にもあります。

 

ただ、この後に書いてあるサポート面やTONEファミリーの存在がTONEの強みになります。

TONEはサポート体制が厚い

他社では有料(500円前後)になっている電話サポートから遠隔サポートやTONEの取り扱いがあるTSUTAYA実店舗での対面サポートまで無料になっています。

 

シニアの方やはじめてのスマホで検討している人にとってサポートが無料で受けられるのはありがたいですね。

 

他にも無料スマホ教室を実施していたりと、TONEはサポートに力を入れています。

TONEファミリーがあるからお子様用にもおすすめ

スマホ向けのフィルタリングアプリは他にもありますが、TONEファミリーはかなり細かく設定できるのでおすすめです。

 

お子様の居場所確認をはじめ、インストールできるアプリや指定時間帯は通信不能にする設定などが可能です。もちろん、年齢に合わせてWEBサイトのフィルタリングも可能です。

 

また、画面上に伝言を表示することができます。長押しで確認を押すまで消えることは無いので、お子様が見忘れることもありません。

 

設定は専用アプリのTONE見守りかブラウザ上でできます。

 

以上のTONEだけの見守り機能は九都市県推奨機能として高い評価を受けています。

オプション

オプション名 料金 内容
IP電話かけ放題オプション 月500円 m15機種限定のオプションです。10分以内の国内通話が何回でも無料になります。
SMSオプション 月100円 電話番号宛にメッセージの送受信ができるオプションです。LINEやFacebookの認証などにも使われます。
090音声オプション 月953円 IP電話ではなく音声回線(090,080,070)で通話するためのオプションです。また、MNPでTONEに加入する人は必須のオプションとなります。
高速チケットオプション 1GB300円 TONEを高速で使うためのオプションです。月10GBまで購入することができます。
安心オプション 月500円 端末の保険と公衆無線LANサービスが一体となったオプションです。保険オプションでは珍しく後から加入することもできます。(端末の状態によっては断られることもあります。)
ウイルスチェックオプション 月300円 スマホ向けのセキュリティオプションです。
TONEファミリーオプション 無料 スマホの利用状況を確認できるオプションです。TONE未加入で利用する場合は月200円となります。

TONEで実施中のキャンペーン

1月31日までの期間限定で同一名義で2台以上新規契約の方を対象に、月額基本料(月1,000円)が1台につき6ヶ月無料になるキャンペーンが適用されます。

 

2台契約するとちょうど1台の料金で1年間使えてお得です。もちろん3台4台と契約しても6ヶ月無料は加算されます。

まとめ:TONEはどんな人におすすめ?

お子様用に安心して料金を抑えて使いたい人、スマホに詳しくなくてサポートもしっかりしててほしいけど料金を安くしたい人におすすめです。

 

反対に特にサポートも不要で、とにかく料金を抑えてコスパの良いSIMや格安スマホをお探しなら他社の方が良いです。

 

スマホセットのみで2年契約が必須だったり最初に本体代金がかかると言ったデメリットはありますが、格安SIM界1といって過言でないサポート体制と子供にも安心して持たせられるのがTONEの最大のメリットです。

 

⇒TONEの公式サイトはこちら