格安SIM ワイモバイル

通信品質がピカイチのワイモバイルの料金プラン・キャンペーンを徹底解説

ワイモバイル

厳密に言うとワイモバイルはドコモやauと同じ通信キャリアでMVNOではありませんが、最近はワイモバイル自身が格安SIMをアピールしているので当サイトでも解説することにしました。

 

元々自社で培った通信網とソフトバンクの子会社になったことでソフトバンクエリアでも利用できるようになりました。

 

名前からYahoo!のサービスと思われがちですが、今のところ関係はないです。イー・モバイル⇒ソフトバンクの子会社でワイモバイルになっただけです。

 

キャリアならではの1,000店舗以上あるショップ、データ通信とかけ放題がセットになったスマホプランが人気の秘訣です。

 

このページではワイモバイルの料金プラン、キャンペーンについてまとめました。

ワイモバイルの料金プラン

容量 通話対応SIM
1GB2GB

2,980円(1年間1,980円)

3GB6GB

3,980円(1年間2,980円)

7GB14GB

5,980円(1年間4,980円)

ワイモバイルはスマホプランという名称ですべてのSIMが音声通話つきでかけ放題がセットになっています。データ専用SIMやSMSだけがプラスされたSIMは存在しません。

 

契約期間がすべて2年になります。契約期間内の解約は9,500円の違約金が発生します。

 

2年契約をすることでスマホプラン割引が適用されます。2年間毎月1,000円割引されて上の表の月額料金になります。

 

さらに、CMでお馴染みのワンキュッパ割が適用されて、すべてのプランで契約期間中データ容量が2倍になって、最初の1年間は月額料金から毎月1,000円が割引されます。

 

注意点としてソフトバンクやディズニーモバイルからのMNPではスマホプラン割引は適用外でワンキュッパ割のみ適用されます。

 

2年後にはすべての割引が終了して元のデータ容量と料金に戻ってしまうので、契約満了後は他にもっと良いサービスがないか見直しをした方がいいです。

シェアプラン

ワイモバイルシェアプラン

ワイモバイルにはメイン回線に対して最大3枚までデータ容量をシェアするデータ専用SIMカードが追加できるシェアプランがあります。

 

メイン回線と同時申し込みであれば無料ですが、後からシェアプランのSIMを申し込むと1枚につき3,000円が事務手数料としてかかります。

 

シェアプランはメイン機以外にサブ機もお使いの方におすすめです。

 

SIMカード1枚につき980円が月額に加算されますが、メイン回線のデータ容量が3GBと7GBの場合はシェアセット割が適用されて安くなります。

シェアプラン利用料
メイン回線データ容量 月額追加
1GB

980円

3GB

490円

7GB

0円

メイン回線で契約しているプランによって追加するSIMの月額料金が変わってきます。1GBプランなら980円、3GBプランなら490円、7GBプランなら0円となっています。

 

正直1GBプランでシェアプランを使うと月980円もかかってしまうので、他社の3GBプランよりも高くついてしまいます。3GB以上のプランなら十分お得だと思います。

家族割引サービス

ワイモバイル家族割引サービス

シェアプランとは別で、家族でワイモバイルを使用している方や一人で2回線以上使用している人への割引サービスです。

 

2回線目から毎月500円安くなります。(最大9回線まで)また、サブ回線がケータイプランなら基本使用料1,381円が0円で、ワイモバイルへの通話が無料のケータイが持てます。

 

ただ、ワイモバイルのSIMのみ契約期間が2年なのに対してケータイプランは3年契約になっているので、解約のタイミングが難しいです。ちなみにケータイプランの3年未満の解約は9,500円の違約金となります。

オプション

オプション名 料金 内容
割込通話 月200円 通話中に第三者からの電話を受けられます。
留守番電話 無料 不在着信時に3分以内の伝言を30件まで残せます。72時間有効です。
留守番電話プラス 月300円 通常の留守番電話の30件までが100件まで、有効期間が72時間から1週間にパワーアップしています。
スーパーだれとでも定額 月1,000円 10分かけ放題がパワーアップして国内通話をどれだけしても月1,000円しかかかりません。
ウェブ安心サービス 無料 有害サイトへのアクセスをブロックします。お子様向けのフィルタリングオプションです。
ワイドサポート 月500円 電話や遠隔サポートで使い方やトラブル時に助けてくれます。
Enjoyパック 月500円 Yahoo!ショッピングで使える500円分のクーポンとパケット通信料500円分がセットになったオプションです。Tポイント5倍もついているので、Yahoo!ショッピングやLOHACOで頻繁にお買い物をする人におすすめです。
一定額ストップサービス 月100円 あらかじめ設定した金額に到達するとSMSを送ってお知らせしてくれます。

ワイモバイルのデメリット

デメリットは契約期間が2年間なのとキャンペーンの容量増量や月額割引が限定的な点です。

 

まず、音声通話SIMでは長くても1年契約が一般的なところワイモバイルでは2年契約が必須になっています。

 

2年未満の解約による違約金は9,500円とそこまで高くありませんが、格安SIMは頻繁に新サービスがでてくるので、2年拘束されるのはちょっと……という感じはします。

 

次にキャンペーンですが、ワンキュッパ割は1年間限定の月額料金割引ですし、データ容量2倍増量も契約期間である2年間のみ適用されます。

 

2年後からは1GBかけ放題で3,980円、3GBかけ放題で4,980円、7GBかけ放題で6,980円と割高感は否めません。どうしても2年後の見直しが必要になってきます。

ワイモバイルのメリット

通信品質がとにかく良い

ワイモバイル速度

まず格安SIMにありがちなお昼の混雑帯に容量が十分に余っているのに速度が遅くなるといった現象は起きません。

 

これはMVNOではなく自社で通信網を持っている大きなメリットです。

かけ放題が他社の2倍の10分ある

次に10分かけ放題です。格安SIMの通話はアプリを利用しての割引や5分かけ放題が一般的ですが、ワイモバイルでは倍の10分もかけ放題となっています。

Yahoo!関連サービスで受けられる恩恵

Yahoo!プレミアム for Y!mobileがスタートして、契約期間中はYahoo!ショッピングやLOHACOでのお買い物に対してTポイントがいつでも5倍貯まります。Yahoo!プレミアムの簡易版という位置づけで、他にヤフオクが無制限で使えたりショッピング保険などがついてます。

 

他にもYahoo!の関連サービスを使うほどデータ容量に交換できるマイルが貯まるパケットマイレージがあります。

パケットマイレージ

Yahoo!にログインするだけで毎日マイルが貯まってLOHACOやYahoo!ショッピング利用でもマイルが貯まるので、Tポイント5倍と組み合わせるとかなりお得です。

アフターサポートが心配な人もショップが全国にあるから安心

格安SIMはサポートやショップなどの人件費を削減している分料金を安くできていますが、なにかあった時にサポート体制が十分でないとやはり心配です。

 

ワイモバイルは全国に1,000店舗以上の有人ショップがあるので、端末が故障した時やプランの変更なども気兼ねなく行けます。

 

格安SIMにして料金を下げたいけど、スマホ関係はちょっと苦手・サポートはやっぱり対面でやって欲しいという人にワイモバイルは断然おすすめです。

ワイモバイルのキャンペーン

MNP含む新規契約の方を対象に2年間毎月1,000円割引となるスマホプラン割引、1年間毎月1,000円割引されるイチキュッパ割が適用されます。

 

さらに1GBのスマホプランSの方は10,000円、3GBと7GBのスマホプランM・Lの方は15,000円のキャッシュバックがもらえます(SIMのみ契約限定)

 

⇒ワイモバイルの公式サイトはこちら